一括下請けとは

一括下請けとは、例えば、請け負った建設工事の全部又はその主たる部分を一括して他業者に請負わせる場合や請け負った建設工事の一部分であって、他の部分から独立してその機能を発揮する工作物の工事を一括して他の業者に請負わせる場合などがこれにあたります。

この一括下請けは建設業法第22条により禁止されております。

禁止された理由としてあげられるのは、

  • 発注者が建設業者に寄せた信頼を裏切る
  • 施工責任があいまいになることで、手抜工事や労働条件の悪化につながる
  • 中間搾取を目的に施工能力のない商業ブローカー的不良建設業者の輩出を招く

このような理由から禁止となっています。

万が一一括下請負を行った場合、依頼を出した側と受けた側の両方が監督処分・罰則の対象になりますので、注意してください。