帳簿の保管について

建設業許可を受け、その業を行う場合には、宅建業法に基づき「建設業者は、事務所ごとに、業務に関する帳簿を備え付けなければならない」というのが義務付けられています。

この帳簿には、取引のあるごとに、帳簿に取引年月日、取引物件の所在場所、取引物件の面積、代金、報酬の額、取引に関与した他の建設業者の氏名等の一定事項を記載しなければなりません。また尚、建設業者は、各事業年度末日に帳簿を閉鎖し、閉鎖後5年間は保存しなければならないとされています。

帳簿は必要な時にすぐに情報を取り出せるようにしておく必要があります。紛失等しないように、データ化してバックアップをとっておくなど、工夫をし、丁寧に保管しておきましょう。