入札参加資格審査とは

地方公共団体(都道府県に市町村を含めたもの)が指名競争入札を行う場合は、予め指名競争入札に参加する者に必要な資格を定め、その資格を有する者のうちから指名しなければなりません。

これらの規定により、地方公共団体は、競争入札に参加する者に資格(入札参加資格)を告示し、資格審査を実施しています。

つまり、指名競争入札により元請業者として公共工事を受注する場合、入札参加資格審査申請をして承認を受けてく必要があるという事です。