在留資格認定証明書について

日本に入国しようとする外国人は、原則として自分のパスポートに日本領事館等の査証(ビザ)を受けている必要があります。

ここで、「在留資格認定証明書」とは、外国人が日本に入国した後でする活動について、在留基準を充たすことを事前に法務大臣が証明する文書のことを言います。

 

在留資格認定証明書交付のメリット

日本に入国しようとする外国人があらかじめ「在留資格認定証明書」の交付を受けておくと、それらを日本領事館等に持って行くと、査証(ビザ)の発給申請をすることができます

この場合、その外国人は「在留資格認定証明書」の発給を受けていることで、在留資格についてすでに法務大臣の事前審査を受けていることになりますから、ビザの発給がスームーズになります。

在留資格認定証明書を取得することでこのようなメリットがありますので、日本のビザを取得したい外国人のために、事前に取得しておくことをおすすめします。

ただし、「在留資格認定証明書」の交付申請を入国管理局に行ってから、実際に証明書が交付されるまでに約2ヶ月ほどかかりますので、前もって取得しておく必要があります。